まちづくり上井草 - kami-igusa.jp

上井草日記

「第16回 善福寺川フォーラム」報告2016/03/15 Tue

上井草日記
「第16回 善福寺川フォーラム」報告

【善福寺川フォーラム】が開催されました。

「第16回 善福寺川フォーラム」
【日時】3月6日(日)3時30分~
【場所】荻窪地域区民センター 第1・2集会室
【主催】第16回 善福寺川フォーラム実行委員会
【参加団体(五十音順)】神田川ネッットワーク・杉並環境カウンセラー協議会・杉並生活クラブ運動グループ地域協議会・善福寺自宅川研究部(東田中学校)・善福寺川を里川にカエル会・みどりの善福寺川を愛でる会・桃園遊水池探検隊・【展示】井荻小学校
【後援】杉並区

倉 宗司氏(小金井市元職員)【雨を活かすまちづくり】
島谷 幸宏(九州大学 大学院教授)【分水型水管理を通した、風かおり、緑かがやく、あまみず社旗の構築】他

「雨が降るとほとんどの雨水は下水管に入り、汚水とともに川に流れ出ます。川を汚し、景観を悪化させ、洪水をも引き起こします。善福寺川を排水路にしないために私たちは何をすればいいのでしょうか?今回はそのヒントとなる雨水の利用・活用のお話です。」(フライヤーより転載)

『井』12号配布中です。2016/01/23 Sat

上井草日記
『井』12号配布中です。

『井』12号配布中です。特集キーワードは「贈る」。

標高50m沿いに、石神井、井草、井荻、大泉など、名前に「井」のつく街や、水に縁のある名前の街が点在しています。(他にも探せば、井の頭、桃井、貫井など・・・)
フリーマガジン『井』は、この「井」エリアに暮らす人々のメディア。
※杉並区では、SLOPE、home&oats、genro&cafe、和文具GENROで配布中です。

今年の「井のいち」は5月15日(日)に開催されます。
いつもの石神井・氷川神社が会場です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
編集:青山哲雄(Dot Study ) 町田顕彦(knulpAA) 田崎はじめ(STUDIO DE VUE) 石倉詩子(curious) 小森知佳佳(copse)

表紙・地図作画:小関セキ

アートディレクション:千葉 泉

デザイン:青山哲雄・山口晋似郎(Dot Study )

製作・発行:「井」編集室/12号2016年1月発行







「善福寺公園内水路の計画づくり」ワークショップ(追加報告)2016/01/13 Wed

上井草日記
「善福寺公園内水路の計画づくり」ワークショップ(追加報告)

前回記事に関連して、杉並区発行「ワークショップ通信」を掲載しておきましょう。
「水路基本計画案」のエリア別ABCDの断面図が示されています。
※写真画面をクリックすると拡大されます。

裏面では、水路の管理運営について以下の意見が出たことが報告されています。

○水路の清掃活動等の維持管理活動への参加
○水路の生き物観察・調査(モニタリング)への参加
○水路利用に関するルールづくり/水路管理マニュアルの作成
○話し合いを行える場づくり(組織づくり)/ワークショップの継続
○水路回収、水路利用、水路の歴史等に関わる情報発信

※下流の暗渠部分の開渠化」、「千川上水の引き込」「水路脇トイレの移設・改修」については、引き続き関係機関との調整を図ってほしいのの意見も。

〈今後のスケジュール予定〉
・平成28年3月に水路基本計画最終案の提示
・平成28年度に詳細設計
・平成29年度に改修工事を実施

杉並区都市整備部 土木計画課 03-3312-2111


「善福寺公園内水路の計画づくり」ワークショップ報告2016/01/13 Wed

上井草日記
「善福寺公園内水路の計画づくり」ワークショップ報告

平成27年12月13日、杉並区立井荻小において、「善福寺公園内水路の計画づくり」最終回(第4回目)ワークショップが開催されました。【まちづり上井草】からは三田秀雄、千葉皓史の合計2名が参加。

以下、【善福蛙】の会長の三田秀雄さんのML報告から要約させていただきます。

◎ コンサル「ランドスケープデザイン」の提案。杉並区と東京都の境界線にとらわれない形での合意に基づく。
 1、上流から、生き物保護域、生き物観察域、水に入って遊べる区域、という3つのゾーンを設定。
 2、右岸フェンスは上流の一部(曲がるところまで)を残し、すべて撤去。左岸は生物保護区。
 3、右岸は汀にアプロ―チ可能な、なだらかな草地の護岸とする。
 4、樹木を一定程度整理する。

◎「夢水路(仮称)」を流れている水はほとんど揚水(地下水)。
コンサルの調査では、上池からのオーバーフローはほとんどなく、橋の下の水面下にあるパイプから吐出されている地下水がほとんどであることが判明。水量も多く、泥の下に礫層があり、そこにも流れている可能性あり。河床を掘ってもコンクリートは見つからず。そのため水質がかなりよく、子供が遊ぶにも問題がなさそう。

◎今後の区民の関わり方、今後の組織の在り方についても、区から声掛け。
まだ「夢水路(仮称)」にも、この組織にも、正式な「名前」もなく、プラットホームにもなっていない。
 【善福蛙】とは別のプロジェクトとして「新たなプラットホーム」がデザインできると良い。




井草中雑木みち・刈り込み作業報告2016/01/02 Sat

上井草日記
井草中雑木みち・刈り込み作業報告

ご報告が遅れましたが、11月29日(日)午前中に井草中雑木みちの生け垣(白花・トキワマンサク)刈り込み作業を実施しました。

今回は時間の都合で、主要な北面のみの作業となりました。西面は来春実施の予定です。

参加者2名。

浅間山(せんげんやま)2015/12/01 Tue

上井草日記
浅間山(せんげんやま)

府中市の浅間山(せんげんやま)は東京都立の風致公園です。

曇天の11月22日早朝、この浅間山を訪ねました。

「武蔵野らしい雑木林の姿を維持するため、萌芽更新を目的とした伐採作業を行っています。この作業により、雑木林の若返りと林床植生の維持を図っています。」(同公園・告知版より)

浅間山の景観は、八王子市の小宮公園、埼玉県の三富(さんとめ)新田などと並んで「かみいぐさ雑木みちプロジェクト」の指標の一つ。ムサシノキスゲの生育地としても知られています。


第2回杉並区「善福寺公園内水路の計画づくり」ワークショップ2015/10/31 Sat

上井草日記
第2回杉並区「善福寺公園内水路の計画づくり」ワークショップ

第2回杉並区「善福寺公園内水路の計画づくり」ワークショップが開催されました。
画像は、Aグループ:人(公園利用者)の様子についての現況調べを担当

日時:10月31日10時から12時

会場:善福寺公園下池

参加者:事前応募による約35名、井荻小生徒およそ15名、杉並区10名ほど
   「善福寺川を里川に変える会」からの参加は10数名
   「まちづくり上井草」からは2名

コンサルタント:港区の(株)ランドスケープデザイン社

10:00~開会
10:15~水路の調査概要の説明
10:45グループ検討
   ◯水路の現況を見てみよう
11:40グループ発表
11:50本日の検討まとめ
12:00閉会



「善福寺公園内水路の計画づくり」ワークショップ2015/10/19 Mon

上井草日記
「善福寺公園内水路の計画づくり」ワークショップ

第1回杉並区「善福寺公園内水路の計画づくり」ワークショップが開催されました。
※私(千葉)は開始時刻に少し遅れての参加でしたので、「善福寺川を里川に変える会」三田秀雄さんからの会員向けML記載内容を参考に以下報告させて頂きます。

日時:10月17日10時から12時

会場:井荻小・特活室

参加者:事前応募による約35名、井荻小生徒およそ15名、杉並区10名ほど。
   「善福寺川を里川に変える会」からの参加は10数名。

コンサルタント:港区の(株)ランドスケープデザイン社

〈区からの説明〉
・区の所有地は水路を含んで幅7~9mしかないこと。
・外側は東京都の土地で、都との交渉が必要で、区だけでは判断できないこと
・3年間の実行計画であること、等

〈井荻小の子どもたちによる、井荻小児童の活動の報告〉

〈A~Dのグループに分かれてのワークショップでの意見〉
・子供が遊べる川になること
・お年寄りや体の不自由な方も川に親しめること
・生物多様性や在来種の保全をすること
・市民による普請
・その後の管理を市民でやる
・水質の改善、上池かいぼり
・人への解放と生物保全の両立
・ホタルの住める川
・これを始まりとして今後善福寺川全体につなげる

〈コンサルによるまとめ〉
キーワードとして「標高50m」「共存」など

次回は10月31日(土)10:00〜12:00
会場:善福寺公園内水路(雨天時:井荻小学校 特活室)

「10月の庭」報告その22015/10/06 Tue

上井草日記
「10月の庭」報告その2

今回の「10月の庭」は、誰もが楽しかった4月11日のカレーキャラバンをヒントに企画されました。

カレーキャラバンでふるまうのはカレーですが、「10月の庭」ではコーヒー。

普通のコーヒーでもいいのですが、やや手間ひまのかかる65℃の低温抽出法によることにしました。この日の目的は、ゆっくりすることだからです。

晴れていれば木漏れ日を浴びながら、会話を交わすこと。日向と日陰を移動する空気の動きを感じること。道ばたの雑木の作り出す「縁側」のような空間(プライベートとパブリックのかかわり合うコモン空間)を楽しむこと。

洋傘パン店の中山さんが、ラスクとクッキーの差し入れをして下さいました。

「10月の庭」報告2015/10/06 Tue

上井草日記
「10月の庭」報告

初めてのイベント「10月の庭」を開催しました。

まさに10月らしい、さわやかなお天気に恵まれました。

概要をご報告しておきましょう。

前日のうちに、石神井・氷川神社から、手づくり椅子(白く塗装したビールケースに木製の座面を載せたもの=井のいちの備品)を10台お借りしてきました。

木陰や家影が広範に及ぶことを前日に確認出来ていたので、「kami-igusa」名入りテント(まちづくり上井草の備品)は使いませんでした。初回としては、いわゆる「イベント」風になりすぎないことを目指していたからです。

午前中はちらほらでしたが、午後になるとつぎつぎに参加者が増え始めました。
大半の方々がゆっくり30分〜1時間ほどを過ごして下さいましたので、10台の「椅子」が満席になる時間帯も少なくありませんでした。ざっと30名〜40名の方々にお越し頂いたものと思われます。

告知は簡単なA4チラシをgenro&cafe、和文具GENRO、SLOPEの3カ所に10日間ほど貼っただけ。あとは、まちづくり上井草のwebサイトと、ツイッターです。

ご来客は、まちづくり上井草や井メンバーの方々、お隣近所のご家族のほか、石神井、大泉、井荻、今川、鷺宮などから。通りがかりの方で立ち寄って下さる例もありました。

「11月の庭」「4月の庭」「5月の庭」なども出来たらいいですね。

<前ページ...   | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 |   ...次ページ>
ページのTOPへ↑

2010/08 に杉並区初の
「テーマ型まちづくり協議会」
に認定されました。