まちづくり上井草 - kami-igusa.jp

上井草日記

武蔵野台地の七夕行事(写真提供:練馬区)2017/07/04 Tue

上井草日記
武蔵野台地の七夕行事(写真提供:練馬区)

武蔵野台地の近郊農村時代の七夕風景です。(写真提供:練馬区)
七夕竹のほかに、チガヤの葉でつくった雌雄の馬(ちゃが馬)が縄で吊るして飾ってあります。

七夕の由来は奥深く、ここでは説明しきれませんが、お盆行事ととらえることが出来ます。つまり、七夕の開催時期には、新盆、旧盆、月遅れ盆、という3種類あることになります。

・新暦七夕(7月7日)

・旧暦七夕(大体8月上旬だが、旧暦は月の満ち欠けによるので7月末〜8月末と毎年不定期)

・月遅れの七夕(旧暦の不定期が不便なので、便宜的に8月7日に固定)

仮に昭和30年ごろの写真だとすると、新暦7月7日でしょうか?
※ご見解のある方はぜひご教示ください。





新築マンションの植栽 その32017/06/28 Wed

上井草日記
新築マンションの植栽 その3

一般に、駅近の場所に新築マンションが建つのは、裏返せば商業地域としての可能性がないことを意味するという指摘があります。

上井草では、実は駅から5分ほどのところに第一種低層住居専用地域が広がっています。

このたびの三菱地所のマンションもそういう立地を活かした物件だといえそうです。

上井草は商業的な発展とは無縁の「住宅地」「ベッドタウン」として生きる他ないのでしょうか。

とはいえ、日本はすでに人口減少の時期を迎えており、上井草エリアもなりゆきにまかせれば空家だらけとなるはずです。住宅街のサスティナビリティは風前の灯です。

ベッドタウンとしての上井草が今後のスラム化を免れるためには、あえて「みどり豊かな住宅地」をテーマとする商業地形成(グリーンモール化)を目指すという逆転の発想が有効ではないでしょうか。

例えば、みどり豊かな住宅地に個性的で居心地の良い店舗が点在する避暑地や別荘地のように。

いずれにせよ、この地域が誇る高い緑被率を活かさない手はありません。



新築マンションの植栽 その22017/06/28 Wed

上井草日記
新築マンションの植栽 その2

このマンションを建設するにあたり、担当者は計画の初期段階から、かみいぐさ雑木みちプロジェクトに注目して下さったそうです。

販売元の三菱地所レジデンス担当者とまちづくり上井草の間では、その後何度も話し合いの機会がもたれました。

このたび姿を現した植栽は、上井草の街全体がひとつの庭のようになることを目指す「かみいぐさ雑木みちプロジェクト」を一歩も二歩も前進させるものといえましょう。

新築マンションの植栽 その12017/06/28 Wed

上井草日記
新築マンションの植栽 その1

上井草3丁目に新たに62世帯・低層3階建のマンションが完成しました。

このマンションには、「かみいぐさ雑木みちプロジェクト」に沿った雑木の株立ちによる植栽が採用されています。

プライベートとパブリックの中間ともいうべきコモンの性格を帯びるエントランス付近の様子です。

第7回「井のいち」報告2017/05/27 Sat

上井草日記
第7回「井のいち」報告

第7回「井のいち」が開催されました。

日時:2017年5月21日(日)10:00~16:00
会場:石神井氷川神社
主催:井のいち実行委員会

「井のいち」は、武蔵野台地を渡る「50m崖線」沿いの井エリアを背景に、ものをつくる人、芸術に関わる人、おいしいものをつくる人、それを楽しむ人たち、が集まる年に1回の催しです。

いままでにも増して多くのサポーターに恵まれ、きめ細かい運営が実現しました。ワークショップ会場は社殿裏「こもれびの庭」に移され、子育て中の母子のための授乳スペースも設けられました。

第7回井のいち【予告】2017/05/17 Wed

上井草日記
第7回井のいち【予告】

第7回井のいち【予告】が開催されます。

開催日:2017年5月21日(日)
時間:10:00~16:00
場所:石神井・氷川神社 練馬区石神井台1-18-24
※雨天決行

武蔵野台地のほぼ中央を、標高50mの等高線が渡っています。この「五十メートル崖線(がいせん)」沿いに点在する石神井、大泉、井荻、下井草、井草、上井草など、水に縁のある地名をもつまち。その「井」のネットワークが結集して毎年1回開催します。大人も子供も楽しい市。ぜひごお訪ねください。

H29【5月の庭 】開催しました。2017/05/10 Wed

上井草日記
H29【5月の庭 】開催しました。

【5月の庭 】開催しました。

日時:平成29年5月6日(土)、7日(日)
時間:13:00〜16:30
会場:GENRO駐輪スペース

初夏の風が気持ちいい2日間。ご参加下さったみなさま有り難うございました。
石神井から、中野から、井荻から、善福寺から、そしてもちろん地元・上井草のご近所からも、時間帯ごとに入れ替わる参加者の人数とお顔ぶれ次第で、場の楽しさは絶え間なく変化しました。
参加者;6日(土)15名 7日(日)15名

H29【5月の庭 】開催のお知らせ2017/04/30 Sun

上井草日記
H29【5月の庭 】開催のお知らせ

【5月の庭】開催のお知らせ

新緑の庭先でお茶を飲みませんか?

開催日:平成29年5月6日(土)、5月7日(日) 

時間:13:00〜16:30

場所:上井草GENRO駐輪スペースにて

※無料・雨天中止

お気軽にお立ち寄り下さい。

「すぎなみの道づくり(道路整備方針)」2017/03/26 Sun

上井草日記
「すぎなみの道づくり(道路整備方針)」

昨年末の「すぎなみの道づくり(道路整備方針案)」公募に対して、「上井草駅周辺地区まちづくり協議会」が意見書を提出したことはすでにお伝えしました。
http://kami-igusa.jp/blog/detail.html/819
これを受けて、杉並区土木課の久保田氏から回答・説明がありました。(H29年3月24日・同協議会席上)

その回答・説明のうち、ここでは、上井草商店街「東通り」について個別に示された「自転車ナビライン」設置の概要をお伝えしておきます。

現状:道路幅員7m (車道幅4m 路側帯幅・左右各1.5m)

上井草からの提案:道路幅員7m(車道幅3m 路側帯幅・左右各2m)

杉並区回答:道路幅員7m(車道幅2.5m 自転車レーン左右各0.75m 路側帯幅・左右各1.5m)

ちなみに、この上井草商店街「東通り」は主要区画道路(6m規格)に位置づけられているので、現状7mをさらに拡幅する予定はない。中長期的には、西武新宿線連続立体化事業との関わりを見る、とのことでした。

※杉並区では、以下のように機能ごとに分類し「将来の道路網」が計画されています。

・幹線道路(幹線道路 幅員25m以上・補助幹線道路15~25m)◀都市計画道路事業

・生活道路(主要生活道路8~13m・主要区画道路6m・区画道路4m◀狭隘道路各副整備事業)

※画像右は自転車ナビ・左は「すぎなみの道づくり(道路整備方針)」概要版表紙
http://www.city.suginami.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/031/682/3.douroseibihoushinn.pdf

剪定.刈り込み作業2017/03/22 Wed

上井草日記
剪定.刈り込み作業

平成29年3月19日(日)の早朝、上井草商店街・北通り、東通りの株立ち鉢植えの剪定をしました。そのあと、「井草中雑木みち」の生垣の一部分の刈り込み作業を行ないました。昨秋この場所は鳩が営巣中で、刈り残してあったものです。
もちろん、今回も鳩の古巣は残しました。鳩は何度でも古巣を利用するようです。
(作業参加者2名)

<前ページ...   | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |   ...次ページ>
ページのTOPへ↑

2010/08 に杉並区初の
「テーマ型まちづくり協議会」
に認定されました。