まちづくり上井草 - kami-igusa.jp

上井草日記

森のJAZZ祭2019開催されました。2019/11/20 Wed

上井草日記
森のJAZZ祭2019開催されました。

今年も「森のJAZZ祭」が開催されました。今回はこの「森のJAZZ祭」目当ての方々が多かったようで、昨年にもまして大盛況でした。https://www.facebook.com/morijazz/

日時:2019年11月3日(日・文化の日)11:00~15:00
会場:石神井公園 野外ステージ
出演:沿道定トリオ・坂本千恵トリオ・Leisure Children・栗林すみれカルテット

プレ・イベント10.22 Saigenji×小美濃悠太
後夜祭11.3 Lo Ersare & Yuta Omino from Leisure Children
アフターイベント Albert Karch & Yuta Omino PROJECT

※「森のJAZZ祭」誕生までの経緯はhttp://i-mondo.org/morijazz/index.html

「井草川フェス」報告32019/11/20 Wed

上井草日記
「井草川フェス」報告3

井草川フェスでは、カフェエリア、まなびエリア、あそびエリアにてイベントを同時進行。

遊びエリアでは、時間を分けて、護身術と囲碁教室のワークショップを実施しました。

日時:10月19日(土)
場所:ピーコック北側遊遊歩道
主催:井荻まちづくりラボ(杉並区まちづくり助成団体)
後援:杉並区
協力:西武井荻商店街振興組合/りそな銀行井荻支店/いおぎみんなの学校/井荻賑わいマルシェ実行委員会/まちづくり上井草(杉並区テーマ型まちづくり協議会)

「井草川フェス」報告22019/11/20 Wed

上井草日記
「井草川フェス」報告2

井草川フェスのメインイベントは、スーパーマーケットのピーコック壁面をスクリーンに見立てたプロジェクター映写会。井草川にまつわる歴史を郷土史家・野田栄一さんにお話しいただきました。

※カフェエリア/まなびエリア/あそびエリアにてイベントを同時進行。

日時:10月19日(土)
場所:ピーコック北側遊遊歩道
主催:井荻まちづくりラボ(杉並区まちづくり助成団体)
後援:杉並区
協力:西武井荻商店街振興組合/りそな銀行井荻支店/いおぎみんなの学校/井荻賑わいマルシェ実行委員会/まちづくり上井草(杉並区テーマ型まちづくり協議会)

「井草川フェス」報告12019/11/20 Wed

上井草日記
「井草川フェス」報告1

井草川フェスが開催されました。
心配された雨もふらず、遊歩道での初開催は大成功でした。
手作りのガーランドと、豆電球を張り巡らした会場。
コーヒーの生豆をその場で煎り、抽出するまでを楽しむ参加者の御家族です。
※カフェエリア/まなびエリア/あそびエリアにてイベントを同時進行。

日時:10月19日(土)
場所:ピーコック北側遊遊歩道
主催:井荻まちづくりラボ(杉並区まちづくり助成団体)
後援:杉並区
協力:西武井荻商店街振興組合/りそな銀行井荻支店/いおぎみんなの学校/井荻賑わいマルシェ実行委員会/まちづくり上井草(杉並区テーマ型まちづくり協議会)

【予告】知ろう!楽しもう! 井草川フェス2019/10/16 Wed

上井草日記
【予告】知ろう!楽しもう! 井草川フェス

井草川フェスが開催されます。

日時:10月19日(土)
場所:ピーコック北側遊遊歩道
主催:井荻まちづくりラボ(杉並区まちづくり助成団体)
後援:杉並区
協力:西武井荻商店街振興組合/りそな銀行井荻支店/いおぎみんなの学校/井荻賑わいマルシェ実行委員会/まちづくり上井草(杉並区テーマ型まちづくり協議会)

※カフェエリア/まなびエリア/あそびエリアにてイベントを同時進行。
※雨天の場合は「まちの駅」で開催されます。

公園づくり基本方針(杉並区)2019/09/23 Mon

上井草日記
公園づくり基本方針(杉並区)

広報すぎなみ9/1号は「杉並区 多世代が利用できる 公園づくり基本方針」特集。

「公園も時代や人と共に」変わるとして、今後の公演のカタチを探っています。

ご一読ください。

公園の多面的活用2019/09/14 Sat

上井草日記
公園の多面的活用

公園の魅力や価値を向上させるべく、多面的な活用が各地で進んでいます。

本日(9月14日)は、3連休の初日。

地域の「桃井原っぱ公園」には、ご覧のようなクレープの販売車と利用者の姿がありました。

公園事務所の係員に尋ねてみると、ごく低額の使用料を払えば、こうした営業にも使えるようになったとのこと。

申請窓口は、杉並区みどり公園課企画係だそうです。

井草中「雑木みち」の夜間照明2019/09/03 Tue

上井草日記
井草中「雑木みち」の夜間照明

「駅前広場等の説明会」で井草中学校を訪れた住民の方々は、当夜「雑木みち」のLED庭園灯がめずらしく点いていたのに気付かれたでしょうか。

私たちまちづくり上井草では、杉並区宛に提案書を提出する予定です。この庭園灯の常夜灯化も提案しています。住宅地上井草の安心・安全と、景観の向上につながることでしょう。

一晩中点けるのが無理であるならば、例えば夕方から夜10時くらいまでの時限点灯を実現出来ないものでしょうか。

駅前広場等についての説明会2019/09/03 Tue

上井草日記
駅前広場等についての説明会

8月9日夜、井草中学校体育館において、杉並区による上井草駅周辺の駅前広場等についての説明会が行われました。

配布された資料にもある通り、線路北側への駅前広場の設置と、バス通り拡幅(歩道設置)と、側道設置の3つが実施されます。
駅前広場(バスターミナル)の具体的な形状が示されたのは、実はこの説明会が初めてです。

住民の間には、上井草のような小駅に、バスターミナルは要らないという意見もあります。東伏見駅に例を見るように、バスターミナルは駅前に巨大な空虚をもたらすからです。広大な駅前バスターミナルの景観は、しばしば地方都市衰退のシンボルにもなってきました。

とはいえ、それだけなら、多額の費用をかけてバスターミナル設置を計画する必要もありません。バス停留所分散による現状の不便や危険、タクシーや送り迎え車両の待機場所不足などの課題を解消することは必要です。

上井草は「近郊住宅地」なので、住民以外の「目的地」になることは基本的に少ないといえます。鉄道の高架化で踏切がなくなると、交通渋滞は解消されますが、街はいよいよ単なる通過点になる恐れがあります。

まちづくり上井草では、この街が「目的地」になることを願っています。住民にとってはもちろん、他地域の人々にとっても目的地となる、固有の、魅力的な都市文化を育てたいものです。単なる通過点ではなく、目的地となる魅力的な奥行き、ふところ、が必要です。バスターミナルも、西荻窪行き、吉祥寺行き、などの新路線の設置のための発信拠点になることを願ってやみません。

今後、東京の人口増加も頭打ちとなる時期が訪れます。上井草のような近郊住宅地でも、空き家問題は密かに進行中です。

まちづくりコンサルタント大戸 徹氏2019/06/11 Tue

上井草日記
まちづくりコンサルタント大戸 徹氏

まちづくり上井草から杉並区に提案書の提出を計画中です。

昨年末の事前協議の席で区側から、「ぜひテーマ型まちづくり協議会からの提案書提出の初実績を作りたい」、ついては「杉並区の費用でコンサルタントをつけるので、ぜひ活用してもらいたい」とも伝えられました。

そこで、事前協議に中立の立場で同席してくださった大戸まちづくり研究所代表・大戸 徹氏に、コンサルをお願いすることにした次第です。

本日2019年6月10日上井草で、鎌倉からお越しくださった大戸 徹氏と、まちづくり上井草メンバーの金子博行氏と千葉皓史の3者の初会合を持ちました。

今回の議論の中心は提案項目の仕分けで、多岐にわたる提案の中身を、「公共空間への提案」「地域のまちづくりの提案」「個別民地への提案」などへの仕分けをしました。

今後、仕分けページが出来次第、提案書に挿入する予定です。


(画像:右から、大戸氏、千葉、金子氏)

<前ページ   | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |   ...次ページ>
ページのTOPへ↑

2010/08 に杉並区初の
「テーマ型まちづくり協議会」
に認定されました。