上井草日記 | まちづくり上井草

上井草日記

武蔵野台地の七夕行事(写真提供:練馬区)2017/07/04 Tue

上井草日記
武蔵野台地の七夕行事(写真提供:練馬区)

武蔵野台地の近郊農村時代の七夕風景です。(写真提供:練馬区)
七夕竹のほかに、チガヤの葉でつくった雌雄の馬(ちゃが馬)が縄で吊るして飾ってあります。

七夕の由来は奥深く、ここでは説明しきれませんが、お盆行事ととらえることが出来ます。つまり、七夕の開催時期には、新盆、旧盆、月遅れ盆、という3種類あることになります。

・新暦七夕(7月7日)

・旧暦七夕(大体8月上旬だが、旧暦は月の満ち欠けによるので7月末〜8月末と毎年不定期)

・月遅れの七夕(旧暦の不定期が不便なので、便宜的に8月7日に固定)

仮に昭和30年ごろの写真だとすると、新暦7月7日でしょうか?
※ご見解のある方はぜひご教示ください。





ページのTOPへ↑

2010/08 に杉並区初の
「テーマ型まちづくり協議会」
に認定されました。