まちづくり上井草 - kami-igusa.jp

上井草日記

上井草まち歩き2017/09/18 Mon

上井草日記
上井草まち歩き

杉並区「まち博」でお世話になったTさんのお仲間の皆さんに、上井草をご案内しました。GENROを起点に、「まちづくり上井草」の緑化取り組みの現場をたどりながら、「50m崖線」に関わる起伏を巡るおよそ1時間半のコース。終了後はgenro&caféで、事前に予約しておいて下さったランチをともにしました。
ご参加者はすべて杉並区住民。お渡しした資料一式とともに、「株立ち」「50m崖線(がいせん)」「井」などのキーワードを大切に持ち帰って頂きました。

https://www.facebook.com/machidukurikamiigusa/

H25.9.30(土)御神幸道筋(約8.8km)2017/09/10 Sun

上井草日記
H25.9.30(土)御神幸道筋(約8.8km)

神幸祭は、例大祭の行事として3年に一度行なわれます。
平成29 年9月30日(土) 12:00井草八幡宮出発 15:50帰還予定。雨天中止
今回は上図コースです↑

参照: https://www.facebook.com/machidukurikamiigusa/

【予告】平成25年・井草八幡宮例大祭「神幸祭」2017/09/10 Sun

上井草日記
【予告】平成25年・井草八幡宮例大祭「神幸祭」

井草八幡宮「神幸祭」は、例大祭の行事として3年に一度行なわれます。
平成29 年9月30日(土) 12:00井草八幡宮出発 15:50帰還予定。雨天中止
※画像は2014.10.2撮影より。今回は次ページのコースです↑

前回の様子は、FBページでいろいろご覧になれます。
https://www.facebook.com/machidukurikamiigusa/

須田孫七講演会を聴いて2017/09/04 Mon

上井草日記
須田孫七講演会を聴いて

「日本のファーブル」とも呼ばれる杉並区在住の昆虫学者・須田孫七氏氏の講演会「ある昆虫少年の一代記」に出席しました。(2017.8.27杉並区民センター)

「杉並メダカ」で一躍話題になった須田孫七氏ですが、「もともとそのメダカはトンボの幼虫・ヤゴの餌にするために飼っていたもの」という「打ち明け話」などもあり、聴衆を飽きさせない、愉快なものでした。氏の驚くべき記憶力の助けもあって、お話はご自身の豊かな体験の具体性・固有性に裏付けられており、要約することは困難です。むしろ一二例のエピソードをご紹介しましょう。

〈東京の昆虫が激減した時期は以下の3回〉
・ 関東大震災
・ 東京大空襲
・ アメリカシロヒトリ駆除のための薬剤散布

〈外来種・アオマツムシ波及の推移〉
・ 養蚕の盛んな青梅と八王子はDDTを撒かなかった。
→アオマツムシが生き残った。→開通した新青梅街道の街路樹トウカエデ・フウノ木伝いに東上。→次区間のイチョウの葉を彼らは好まなかったので、田無付近で街道を逸れて住宅地へ侵入

〈世界の都市中、東京は例外的に昆虫の種類が増えた〉
・ 地球温暖化
・ 外来種の増加
・ 植物の種類の増加
・ プール・ビオトープの増加

画像のように2時間座ることなく、立ったままの御講演を拝聴し終えた私たちは、都市化とともに自分たちの暮らしが失ったものの大きさに思いを致さずにはいられませんでした。

講演の席で「杉並の自然学」サイトを運営する佐藤康子さんにお目にかかりました。今回の須田孫七氏の講演会「生物の多様性」の記事を掲載されています。
http://sas2005.eco.coocan.jp/index.html

須田孫七・講演会「ある昆虫少年の一代記」2017/08/19 Sat

上井草日記
須田孫七・講演会「ある昆虫少年の一代記」

コミュニティ・スクール 〜井草の自然今昔から未来へ向けて〜

講演会「ある昆虫少年の一代記」
※杉並在来のメダカの遺伝子を守る
生きもの博士 須田孫七さんのお話を伺います。

昆虫少年が生きものを追って野や山や田畑を巡り歩いたころの井草の自然は・・・
今は・・・これからは・・・。

日時:2017年 8月27日(日)13:00~15:00
場所:井草地域区民センター
定員:50名(応募者多数の場合は抽選)
協力団体:井草・水とみどり支援隊
ーーーーーーーーーーーーーーーー
お申込方法:一人1枚往復はがきに口座名「井草の自然」と記入の上、住所、氏名、年齢、電話番号をお書きください。(返信ハガキには宛名を記入)
〒167-0022 杉並区下井草5-7-22井草地域区民センター協議会へ ※8月22日必着

お問い合わせ:井草地域区民センター協議会 3301-7723

代田の長屋2017/08/11 Fri

上井草日記
代田の長屋

「代田の長屋」のオープンハウスを拝見してきました。8/6(日)

・「代田の長屋」の建築設計管理は、まちづくりグループ・井荻まちラボ代表でもある建築家・林 美樹氏の主宰するStudio PRANA(林 美樹・山内 輝)。

敷地70.94㎡という狭小住宅ながら、採光、風通しなどについて、湿潤なこの国の暮らしへの細やかな配慮が見て取れました。木組みを活かし、内外装に無垢材・自然素材を使い、こまいを組み上げた土壁とするなど、長く暮らしたくなる住宅になっています。1階は施主の独り住まい。外階段から上がる2階の借り手もやはり独り住まいの友人。コンパクトながら開放的な総ステンレス・キッチンのあるワークスペースからは、どこかコーポラティブハウス的な創造性豊かな人間関係も連想されます。

・造園の担当は、練馬区下石神井「きこころ」川崎慎之介氏。

玄関回りにわずかに残った敷地に、株立ちのアカシデ、ヤマボウシ、モミジ、ナンテンなどを配することによって、外部との間に緩やかな見え隠れの関係を作り上げています。雑木と野草の庭を得意とするこの造園家。作為を感じさせない仕上りを目指して、逆説的ですが、涙ぐましいほどの工夫と労力を惜しみません。工期の遅れなどから植え込みのタイミングが真夏になり、根付きが心配されましたが、「梅雨明けから今年はむしろ雨が多くて助かりました」と話しておられました。

自然に抗するのではなく、その力を引き出そうとする姿勢において、また伝統に深く棹差しながら、あくまでも自らの感覚に基づく創意工夫を怠らない点において、林氏、川崎氏おふたりの仕事には共通点が少なくないように思います。施主・建築家・造園家の結びつきは、相互の価値観や生活スタイルへの共感に基づくべきことはいうまでもありません。


※PRANA=サンスクリット語で呼吸、息吹、(宇宙の)生命力、生きるエネルギーなどの意味

2017 ちゃが馬七夕が開催されました。2017/08/08 Tue

上井草日記
2017 ちゃが馬七夕が開催されました。

東京人はお盆を7月に行うことについて十分納得しているのでしょうか?もしかすると、迎え火、送り火の行事などは7月に済ませて、休息の実感は8月に行う各地方の「旧盆」と共有しているのが実態かも知れませんね。
さて、「七夕」も実はお盆行事。つまり秋の行事なので、阿佐ヶ谷など東京でも8月に行われる例は少なくないようです。
8月6日(日)、石神井氷川神社で行われた「ちゃが馬七夕」を楽しんで来ました。チガヤでつくる馬、つまりチガヤ馬がなまって「ちゃが馬」。武蔵台地全体に伝承されて来た風習のようですが、練馬地域ではそう呼ばれています。杉並区地域では通称「七夕馬」。
「ちゃが馬七夕」は、平穏な日々の暮らしを先祖に感謝し、静かに喜び合う行事です。

【予告】平成29年 ちゃが馬七夕 2017/08/02 Wed

上井草日記
【予告】平成29年 ちゃが馬七夕 

恒例のちゃが馬七夕が今年も行なわれます。

開催日:平成29年8月6日(日)
時間:夕方5時〜夜9時
場所:石神井氷川神社

*ワークショップ ちゃが馬づくり他
*ライブ・夜店
*ゴミは各自お持ち帰りください。

「逆開発」2017/07/26 Wed

上井草日記
「逆開発」

アスファルトを剥がして、駅前の「逆開発」はじめました。という宣言に惹かれて、小湊鉄道の養老渓谷駅を訪ねました。
かつて一面のアスファルトだったという同駅前の現状。車の通路のみ残す形でアスファルトを剥がし、生まれた裸地を枕木で囲い、コナラなどの雑木が植えられています。木製デッキやベンチを設置、下草によるグランドカバー。新しいトイレも完成していました。
現在進行中の「逆開発」。今後も期待しましょう。

(関連記事もご覧下さい)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/053000139/053000002/

http://newswitch.jp/p/9049

http://www.asahi.com/articles/ASK1W33W7K1WUDCB00B.html

http://www.youroukeikoku.com/blog/1419/

農業体験(井荻まちラボfbより転載)2017/07/21 Fri

上井草日記
農業体験(井荻まちラボfbより転載)

都市農業の重要性が指摘されています。上井草でも西武新宿線の北側・井草地区を中心に、農地が少なからず残っています。

7/16(日)早朝、井荻まちラボ・メンバーの、地元旧家の畑で農作業体験をさせて頂きました(仮称「7月の畑」)。参加者はのべ5名と子供1名。
当主は草刈り機による除草作業と、人参畑にするスペースを小型耕耘機による畝起こし。初参加者は手作業の雑草取り。上級者は小型耕耘機による畝起こしの手伝いなど、それぞれに汗を流しました。

宅地化が進む中で、農業用地の保存活用法が模索されています。

(井荻まちラボfbより転載)フェイスブックでは複数の掲載画像がご覧になれます。https://www.facebook.com/%E4%BA%95%E8%8D%BB%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%83%A9%E3%83%9C-270989593288079/

<前ページ   | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |   ...次ページ>
ページのTOPへ↑

2010/08 に杉並区初の
「テーマ型まちづくり協議会」
に認定されました。